契約書管理やマニュアル管理、ペーパーレス化や情報共有といった文書管理に関するさまざまな課題を解決。文書管理システム [活文 Contents Lifecycle Manager]

/製品仕様

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

製品仕様 活文 Contents Lifecycle Manager

標準構成

1台のマシンに機能を集約したときと比べて、変換の処理速度が向上するため、文書の登録や更新が多い場合は、この構成をお勧めします。

操作画面説明

製品一覧

品目 概略仕様
標準製品 活文 Contents Lifecycle Manager 次の3つのエディションと登録ユーザー数の制限を解除するライセンスを提供
・文書数100万まで、登録ユーザー数100ユーザーまで
・文書数300万まで、登録ユーザー数300ユーザーまで
・文書数 無制限(1)、登録ユーザー数 無制限
オプション
製品
SDK 活文 Contents Lifecycle Managerにアクセスするユーザーアプリケーションを作成するための開発キット
OCRオプション 画像ファイル( TIFFファイル、イメージのみのPDF)に対して、OCRオプション活字部分のOCR認識全文テキスト抽出、正立補正およびノイズ除去の処理を実行(2)
ドキュメント一括登録ユーティリティ ローカルディスクから文書やスキャナで取り込んだ画像を、活文 Contents Lifecycle Managerの文書管理サーバへ一括登録
イメージクライアント イメージ文書に対して、ページの切り取り/コピー/ 貼り付け/削除/回転/傾き補正、選択範囲の切り取り/コピー/複写/移動/削除などが簡単に実行
文書自動登録オプション Windows上の監視フォルダに格納したファイル(複合機を使用して取り込んだイメージを含む)を、活文 Contents Lifecycle Managerへ自動登録
iPad連携オプション iPadから活文 Contents Lifecycle Managerに登録している文書を、セキュアに検索・参照することができる参照専用のiOS対応アプリケーションを提供
電子署名・タイムスタンプオプション 登録した文書に、電子署名・タイムスタンプを付与し、有効性を一括検証
(3)
Document Viewer Option 登録した文書を、ダウンロードを抑止した状態や透かし文字を入れた状態で公開
Web画面 多言語対応オプション 海外拠点を含めた拠点間での情報共有を行う、英語および簡体字・中国語のWeb画面を提供 (4)
1
1,000万文書程度までの利用を推奨しております。
2
文書自動登録オプションと組み合わせることで、帳票を認識して登録先の振り分けや属性値の設定を行うことができます。
3
前提プログラムのご購入、タイムスタンプ局、認証局を利用するための費用が別途必要です。
4
簡体字・中国語とDocument Viewer Optionを組み合わせて利用する場合、Document Viewer Optionの画面は英語対応となります。

「活文 Contents Lifecycle Manager」の価格については、お問い合わせください。

お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード