XVLデータを保護(ガード)し、認証や監査証跡により利用者を限定することで、安心して広範囲での活用が可能に。3Dデータ保護 [活文 XVL Signer]

 

活文
日立ソリューションズ
サイトマップ

活文 XVL Signer

3Dデータを保護(ガード)し、利用者を限定することにより、
安心して広範囲で活用できます。

3Dデータ保護(ガード)

3D CADなどの高精度データのXVL(ラティス・テクノロジー株式会社 が開発した、3Dデータの広範囲活用を実現する高性能・軽量フォーマット)化が進んでいます。
「活文 XVL Signer」は、セキュリティの重要度が大きく増したXVLデータを保護(ガード)し、社内での受け渡しはもちろん、社外との安全な受け渡しも可能にします。
情報漏えいを防ぎながら3Dデータを効果的に活用できます。また、保護したXVLデータは、XVL Player, XVL Studio, Lattice 3D Reporter などのXVL製品で参照でき、特別なPlug-inは不要です。

3Dデータ保護(ガード)

XVLデータの共有に必要なセキュリティ

利用者(オンライン)認証

最新の利用者許可リストに基づいて、オンライン認証します。
プロジェクト終了などにより、利用権限が削除された場合は、XVLデータが手元にあっても開くことができません。

XVLデータの共有に必要なセキュリティ 利用者(オンライン)認証

パスワード認証

利用時にパスワードが要求され、知らない場合は利用できません。オンライン認証できないシーンでもご利用いただけます。

XVLデータの共有に必要なセキュリティ パスワード認証

監査証跡

公開したXVLデータを「いつ」 「誰が」 利用したのか、管理者が確認することができます。

お電話でのお問い合わせウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ
カタログダウンロード