図面や機密情報の情報漏えいを防止する ドキュメント保護 [活文 Document Rights Manager]

/機能

すべてはビジネスデータを活かしきるために
日立ソリューションズ
サイトマップ

活文 Document Rights Manager 機能

外部に公開・配布した文書も適切に保護。

導入実績が高いIRM技術

「活文 Document Rights Manager」は、IRM(Information Rights Management)エンジンに、導入実績、信頼性が高いAdobe Experience Manager Forms(AEM Forms) を採用。システム管理者や利用者の操作性・運用性に優れ、社外に公開・配布した文書のアクセス権・操作権限の動的なコントロールを実現します。
万が一、情報漏えい事故が発覚した場合も、流出した文書の閲覧を即座に停止させることができます。

IRM技術

※ Adobe LiveCycle Rights Managementで提供されていた機能は、Adobe Experience Manager Formsに引き継がれました。

PDF保護機能

ドラッグ&ドロップでファイルを保護

WordやExcelなどのファイルを「活文 Document Rights Manager」のユーザーインタフェースへドラッグ&ドロップするだけで、Adobe Experience Manager Forms のポリシー(PDF保護規則)で保護されたPDF文書に変換することができます。

ドラッグ&ドロップでファイルを保護

〈設定可能なセキュリティ内容〉
閲覧認証:ユーザーID/パスワードで認証し、許可された人だけが閲覧できるよう制限。
操作制限:ユーザー/グループごとに印刷可否、編集可否など操作を制限。
閲覧期限:文書に有効期間(「○日~○日」「○日まで」)を設定し、自動的に文書を無効化。

万が一の場合には、即座にPDFを失効

保護したPDF文書は、「活文 Document Rights Manager」のユーザーインタフェース、または、サーバのログ情報から、いつでも失効(または、失効取り消し)できます。

ドラッグ&ドロップでPDF文書の失効サーバのログ情報からPDF文書の失効

〈コントロール内容〉
失効制御:ダウンロードされていても文書を失効させることにより事実上の回収を実現。
最新版管理:改訂され古くなった文書、誤った内容の文書を閲覧停止して改訂版を通知。
操作履歴のトレース:外部公開後の文書でも「誰がどのような操作を行ったか」を把握。

ポリシー機能

システム管理者または、グループの管理者が、ポリシー(PDF保護規則)を作成します。利用者は、適するポリシーを選択するだけで、文書が保護できます。
ポリシー管理機能

ユーザー・グループ管理機能

Adobe Experience Manager Forms に登録されているユーザー・グループを、操作を限定した「活文 Document Rights Manager」のWeb画面で管理することができます。

イベントログ管理機能

Adobe Experience Manager Forms が提供するイベントログ管理機能を参照することで、保護されたPDF文書に対して、いつ、誰が、何をしたのか、確認できます。また、イベントログをCSVで出力することもできます。
イベントログ管理機能
お問い合わせ・資料請求 ご購入前の商品に関する質問・ご相談などお電話でのお問い合わせ資料ダウンロードウェブサイトからのお問い合わせ
お問い合わせ ご購入前の商品に関する質問・ご相談など お電話でのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ 資料ダウンロード