活文 Contents Lifecycle Manager クラウドストレージ連携オプション 12-01 出荷開始のお知らせ|株式会社日立ソリューションズ

サポート情報

| 活文 Contents Lifecycle Manager クラウドストレージ連携オプション 12-01 出荷開始

トップにもどる

コンテンツ活用ソリューション 活文

活文 Contents Lifecycle Manager
クラウドストレージ連携オプション 12-01
出荷開始のお知らせ

活文 Contents Lifecycle Manager クラウドストレージ連携オプション 12-01
2020年6月出荷開始

文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager クラウドストレージ連携オプション 12-01」の出荷を、2020年6月から開始します。
今後とも、さまざまなビジネスやお客さまのニーズに適合する文書管理ソリューションを提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。

機能追加内容

機能 概要
クラウドストレージ連携機能 オプション製品「クラウドストレージ連携オプション」を追加しました。
クラウドストレージ連携オプションは、活文 Contents Lifecycle Manager で承認された文書をクラウド上でセキュアに共有または配信するなど、文書の利用範囲を社外に拡大するオプション製品です。 社外との情報交換にBoxのBoxサービスと連携することで、機密性の高い環境で社外と文書を共有できます。

クラウドストレージ連携についてはこちら

※本バージョンには多言語対応オプションは適用できません。
 多言語対応オプション適用環境における本バージョンの機能は、次バージョン以降での対応を予定しています。


お問い合わせ