ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

導入事例

北九州市 様

市民行政サービスの向上、コスト削減を目指して、PA-シリーズでシステム再編

問題点

  • 住民情報などを扱う基幹系業務システムは、物理的に完全独立しているため、他システムとのデータ連携を人的作業に頼っており、電子自治体への取り組みを強化する中で、強固なセキュリティを確保しつつ、データ連携を実現することが課題となっていた

解決策

  • 住民情報系基盤と、職員ネットワーク間にPA-2020を導入し、両ネットワークを接続する
  • PA-2020は、基幹系電子申告のアプリケーションによる通信だけを許可する

導入効果

  • ハイセキュリティエリア(住民情報系基盤)への許可されない通信を完全に排除できた
  • 電子申告サービス、コンビニ納付で市民サービスを向上できた

PA-2020

導入時期:2009年4月
導入モデル:PA-2020

導入イメージ

北九州市役所

福岡県北九州市小倉区城内1-1

https://www.city.kitakyushu.lg.jp/

北九州市役所

お客様談

「セキュアなネットワーク環境は、行政内部の事務の効率化を実現できるとともに、市民の皆様に利便性の向上をもたらすことになるでしょう。」

詳しくはこちら

その他の導入事例

導入事例一覧
日本国内の導入事例(Palo Alto Networks社 Japanサイト)
米国の導入事例(Palo Alto Networks社 USサイト)

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る