ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

IoTセキュリティによる管理とセキュリティ強化

IoTデバイス利用に伴うセキュリティ問題

近年、活用が進んでいるIoTデバイスはビジネスの現場でも広く導入されており、企業にとって必要不可欠なものとなっています。監視カメラやプリンター、センサーなどの産業用機器などネットワークでつながっている製品は全てIoTデバイスとして利用されています。これらIoTデバイスの利用拡大に伴い、セキュリティ対策が重要視されています。
実際の事例として、監視カメラがハッキングされ、映像データが盗難・改ざんされたり、セキュリティパッチ未適用のIoTデバイスが悪用されるといったセキュリティ事故が起きています。

なぜIoTデバイスが狙われるのか。それは最低限のセキュリティ機能しか実装されていなかったり、Wi-Fiモジュールに脆弱性があったり、オペレーティングシステムが旧式であることなど、セキュリティ対策が十分でないことが原因の一つとして挙げられます。また、IoTデバイスはPCなどに比べて適切な管理、制御がなされないまま利用されていることも原因の一つです。さらに、ネットワークに接続されている全てのIoTデバイスを把握、監視するためには多くのコストや手間が掛かる点も、IoTデバイスのセキュリティ対策を妨げていると考えられます。

IoTセキュリティとは

Palo Alto Networks社が提供するIoTセキュリティでは、管理下に置かれているIoTデバイスに限らず未知のデバイスを含め、マシンラーニングを利用してネットワーク上で稼働する全てのIoTデバイスを正確に識別し、分類します。これにより、デバイスのタイプ、ベンダー、モデル、ファームウェア、シリアル番号、物理的な場所、アクセスポイント、アプリケーションなど50を超える属性情報を可視化することが可能です。ネットワークに接続されているIoTデバイスの正確な検知、分類によって、デバイスを可視化して資産の把握を実現します。

また、IoTセキュリティではIoTデバイスの継続的なリスク評価により、セキュリティ強化が可能です。まず、各IoTデバイスに関する情報は、マシンラーニングを活用して5つの主要な通信情報(内部接続、インターネット接続、プロトコル、アプリケーション、ペイロード)から生成され、デバイス自体の通信内容と相違がないか継続的に比較します。さらに、Palo Alto Networks社のクラウドから提供された類似のIoTデバイス情報やパッチ情報などと比較することで、リスクを洗い出します。これらの情報にもとづいてリスクスコアを提示するため、異常な動作や脅威の発生を迅速に把握でき、効果的な対処が可能です。さらに、次世代ファイアウォール PAシリーズと連携することで、通常の動作パターンにもとづいた推奨ポリシーを自動で提供でき、既知・未知の脅威の検知・防御も行うため、IoTデバイスのセキュリティ管理に掛かる負荷の軽減にもつながります。

IoTセキュリティとは

IoTセキュリティとは

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る