ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

よくあるご質問

PA-シリーズについて

Palo Alto Networks社とは?

既存のファイアウォールという枯れた技術に機能の継ぎ足しを行う戦略ではなく、「次世代ファイアウォール」を目指して、「ゼロ」から設計開発することで、 機能が効率良く統合され、性能が最適化された従来とはまったく違ったアプローチのファイアウォール製品を提供している会社になります。

Palo Altoの由来は何ですか?

創始者であるNir Zuk氏の滞在していた町のひとつです。会社名を決める際に3つ候補を挙げ、彼の子どもが選んだのがPalo Altoでした。

Palo Alto Networks社と日立ソリューションズの関係は?

当社とPalo Alto Networks社の関係は単なる販売パートナーの位置付けではなく、密接な連携による包括的なサポートの提供や、お客様のご要望をフィードバックするなど、確かなパートナーシップを形成しています。詳細は下記の「日立ソリューションズ ×Palo Alto Networks社」ページをご覧下さい。

日立ソリューションズ ×Palo Alto Networks社

日立ソリューションズではPA-シリーズをいつから販売していますか?

2008年9月より販売を開始しております。取り扱い機種につきましてはラインアップをご確認下さい。

見積依頼はどのようにしたらよろしいですか?

資料請求・お問い合わせページにてご依頼下さい。

お客様へPA-シリーズを紹介したいけど詳しい説明ができません。同行してもらえますか?

はい、可能です。資料請求・お問い合わせページや、当社担当窓口までお問い合わせ下さい。

製品デモを見ることはできますか?

デモ動画を配信しております。詳細は下記のPA-シリーズご紹介動画ページをご覧下さい。

PA-シリーズご紹介動画

ライセンス体系はどのようになっていますか?

Threat Prevention、URLフィルタリング、VSYSアップグレード、Panorama、WildFire、GlobalProtect の6種類になります。

導入事例はありますか?

導入事例がございます。詳細は下記のPA-シリーズ導入事例ページをご覧下さい。

導入事例・評価事例

競合製品はありますか?

現在さまざまなベンダーにてL7レベルでアプリケーションが可視化/制御できるファイアウォールが販売されていますが未知の脅威に対して5分間隔で防御シグネチャを配信しているのはPA-シリーズ以外ございません。

また、他社ベンダーのファイアウォールはポリシーに応じてトラフィックをアプリ識別するのに対しPA-シリーズはベースとなるFWエンジン自体がアプリ識別エンジンのため全てのトラフィックをアプリ識別します。

従来型ファイアウォールの問題点とは何ですか?

従来型ファイアウォールの制御はポート単位での制御を行っておりますが、その技術はすでに15年前から使われており、現在のネットワークセキュリティを守ることができなくなっています。詳細は下記の「次世代ファイアウォール」ページをご覧下さい。

次世代ファイアウォール

WAFやIPSの代わりとして導入できますか?

Threat Preventionの機能を基本に、WAFやIPSにはないPA-シリーズの特長であるアプリケーション可視化/ファイアウォール制御、高スループット、コストパフォーマンスも含めて考慮し、ご提案させていただきます。

最近いろんなところでPA-シリーズを見るようになりました。

当社ではPalo Alto Networks社と共同で雑誌、Web媒体への広告掲載の他、展示会などさまざまな場面でPA-シリーズをプロモーションさせて頂いております。

Common Criteria(ISO/IEC15408)を取得していますか?

PA-3200シリーズ以外は取得済みです。(2018年8月現在)
(Common Criteria認定取得のPAN社プレスリリースが下記にございます。)

https://www.paloaltonetworks.com/company/certifications

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る