ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

日立ソリューションズ×Palo Alto Networks

構築サービス

構築/導入サービス

構築サービス

PA-シリーズ導入前に当社にてお客様疑似環境を構築し、評価を実施します。
ご安心して導入いただくためのサービスです。

  • 対象製品:当社取り扱いPA-シリーズ全般

導入サービス

[現地設営サービス]

事前にポリシーワークシートを基にコンフィグを作成し、作業当日現地にてインストールを行います。

  • 対象製品:当社取り扱いPA-シリーズ全般

[設定出荷サービス]

出荷前にポリシーワークシートを基にコンフィグを作成し、搬送業者により製品へインストール、お客様指定の場所へ発送します。

  • 対象製品:当社取り扱いPA-シリーズ全般(対象外となる機種もあります)

導入までの流れ

Palo Alto Networks PA-シリーズはスムーズにお客様のネットワークへ導入していただくために、下記3つの導入方法を用意しております。

3つの導入方法

3つの導入方法

  • 評価導入: アプリケーション可視化のみ提供(TAPモードを利用)
    TAPモードにより、既存のネットワークに影響を与えず、スイッチのミラーポートに接続することで、企業ネットワークを流れる全てのアプリケーションをモニタリングすることができます。 これにより、PA-シリーズのメリットの把握、およびセキュリティリスクを認知していただき、当社と今後の導入方法についてご相談させていただきます。
  • インライン導入: アプリケーション可視化と制御を提供(VirtualWireモードを利用)
    VirtualWireモードにより、既存ネットワークを変更せずに、既存のファイアウォールの背後にインライン導入することができます。 多段にセキュリティを構え、アプリケーションの可視化と制御を実現致します。
  • 既存ファイアウォールのリプレース(L2、L3モードを利用)
    既存ネットワークのファイアウォールをリプレースすることで、アプリケーションの可視化と制御、さらにはハイパフォーマンスなセキュリティを実現致します。
    (既存ファイアウォールの適用状況に応じて、L2モード、L3モードを選択します。)

PA-シリーズ活用例

Palo Alto Networks PA-シリーズはお客様のニーズに合わせて、さまざまな利用方法がございます。下記は、PA-シリーズを利用した活用例の一例です。

  1. ノンビジネスアプリケーションの制御
  2. ネットワーク帯域の確保
  3. 部門ごとのアプリケーションの利用

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る