ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

セキュリティオペレーション

セキュリティ運用と管理における課題

日々拡大していくネットワークセキュリティに対する膨大なエスカレーションアラートや、脅威の高度化に伴うセキュリティ機器の多機能化・多重化により、企業のセキュリティチームでは、時間とリソースを費やし疲弊する運用を続けているのが現状です。
さらに、従来のパターンファイル対策で防げない未知のマルウェアやファイルレスマルウェアなどの巧妙かつ新しい攻撃手法への対策が求められています。

セキュリティオペレーション構成イメージ

Palo Alto Networks Cortex XDR

Palo Alto Networks Cortex Data Lakeで収集したネットワーク、エンドポイント、クラウドなどからのデータを分析し、インシデントごとに纏めることで監視の負荷を軽減します。
機械学習を活用した分析を行うことで、些細な挙動の違いから不審な端末や攻撃の兆候を迅速に発見することができます。

Palo Alto Networks Cortex Data Lake

ネットワーク、エンドポイント、クラウドからログを収集・変換・統合してクラウド上で一元管理し、運用を軽減できます。

Palo Alto Networks Cortex XSOAR

インシデント対応などのワークフローの自動化、コラボレーションと学習プラットフォーム(セキュリティアナリスト同士の共同作業支援)、ケース管理、および脅威インテリジェンス管理を統合しており、セキュリティ運用面における効率化とインシデント対応プロセスの標準化を実現できます。

脅威インテリジェンスサービス AutoFocus

世界中から集められたサイバー脅威情報の相関データを基に、各脅威の対応優先度の判断を行いやすくします。これにより、組織内のセキュリティを確保したままセキュリティ管理者の工数を削減することが可能となります。

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る