ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

ラインアップ

ネットワークやビジネスの規模に合わせてお選びいただける幅広いラインアップです。

次世代ファイアウォールPA-シリーズ

統合管理製品

WildFireアプライアンス

Palo Alto Networks Cortex XDR Agent

小規模向け

中規模向け

大規模向け

*1:6個のNPCを搭載した場合の数値になります。
※ PAN-OS 8.1 のハードウェア・スペックとなります。また、上記の値は、設計上の理論値、またはテスト環境において認知した値であり、実環境においてこの値を保証するものではありません。

システム構築例(PA-7050/VM-Series)
~データセンター・大規模エンタープライズ向けセキュリティソリューション~

PA-シリーズの製品仕様一覧はこちら(PDFファイル)

VM-Series

製品名 VM-50 VM-100/
M-200
VM-300 VM-500 VM-700
性能 ファイアウォールスループット 200Mbps 2Gbps 4Gbps 8Gbps 16Gbps
TPスループット 100Mbps 1Gbps 2Gbps 4Gbps 8Gbps
IPSec VPNスループット 100Mbps 1Gbps 1.8Gbps 4Gbps 6Gbps
新規セッション数/秒 3,000 15,000 30,000 60,000 120,000
最大セッション数 50,000 250,000 800,000 2,000,000 10,000,000
IPSec VPNトンネル数 250 1,000 2,000 4,000 8,000
SSL VPNトンネル数 250 500 2,000 6,000 12,000
機能仕様 VR数(仮想ルーター) 3 3 10 20 125
セキュリティゾーン 15 40 40 200 200
最大ポリシー数 250 1,500 10,000 10,000 20,000

※パフォーマンスと容量は、最適なテスト条件のもと PAN-OS 8.0で測定されています。

PAN-OS 7.1におけるスペックは以下となります。

製品名 VM-100 VM-200 VM-300
性能 ファイアウォールスループット 1Gbps
TPスループット 600Mbps
IPSec VPNスループット 250Mbps
新規セッション数/秒 8,000 8,000 8,000
最大セッション数 50,000 100,000 250,000
IPSec VPNトンネル数 25 500 2,000
SSL VPNトンネル数 25 200 500
機能仕様 VR数(仮想ルーター) 3 3 10
セキュリティゾーン 10 20 40
最大ポリシー数 250 2,000 5,000

※パフォーマンスと容量は、最適なテスト条件のもとPAN-OS 7.1で測定されています。
※VM-50/500/700はPAN-OS 8.0以降のOSのみ搭載可能です。

販売終了製品

Panorama

製品名 M-100*2
販売終了しました
M-200 M-500 M-600
筐体 M-100筐体画像 M-200筐体画像 M-500筐体画像 M-600筐体画像
ユニットサイズ 1U 1U 2U 2U
ストレージ 最小1TB
最大4TB
(RAID1構成)
16TB
(RAID1構成)
最小4TB
最大24TB
(RAID1構成)
最小16TB
最大48TB
(RAID1構成)

*2:PAN-M-100の販売は2018年10月末をもちまして終了させていただきました。

WF-500

製品名 WF-500
筐体 WF-500筐体画像
ユニットサイズ 2U
ストレージ 2TB (RAID1構成)

Palo Alto Networks Cortex XDR Agent

製品名 エージェント
用途 エンドポイントにインストールするエージェントソフトウェア。
エンドポイント1台ごとに必要。
対応OS
  • Windows 7 SP1 (Homeを除く全エディション)
  • Windows Embedded 7 (Standard、POSReady)
  • Windows 8.1
  • Windows Embedded 8.1 Pro
  • Windows 10
  • Windows 10 Pro (CB、CBB)
  • Windows 10 Enterprise (CB、CBB、LTSB)
  • Windows 10 Fall Creators Update 1709
  • Windows 10 Update 1803 or 1809 or 1909 or 2004
  • Windows 10 Update RS6 Update 1903
  • Windows 10 20H2 Update
  • Windows 10 Enterprise 2019 LTSC
  • Windows Server 2008 R2 SP1
  • Windows Server 2012 or 2012 R2 (全エディション)
  • Windows Server 2012 (全エディション; FIPSモード) 
  • Windows Server 2016 or 2016 Datacenter
  • Windows Server 2019 or 2019 Standard (Server Core)
  • Windows Server Core option (Windows Server 2012、2012 R2、2016のみ)
必要ソフトウェア .NET Framework 3.5/4.5/4.6 *3

*3:必要となる.NET FrameworkのバージョンはOSによって変わります。詳細は別途お問い合わせください。
※Palo Alto Networks Cortex XDR Agent バージョン7.3の動作環境です。他のバージョンの動作環境についてはお問い合わせください。

Palo Alto Networks Cortex XDR Agent概念図

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る