ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

よくあるご質問

製品について:クラウドセキュリティ

Palo Alto Networks Prisma Cloudについて

Prisma Cloudにはどのような機能がありますか?

Prisma Cloudには、Amazon Web ServicesやMicrosoft Azure、Google Cloud Platform、Oracle Cloud Infrastructureなどの各種クラウドプラットフォームの設定を監視・保護するCSPM(Cloud Security Posture Management)機能と、クラウドを構成するリソース(仮想ホストやコンテナ、サーバーレスなど)を監視・保護するCWPP(Cloud Workload Protection Platform)機能があります。

Prisma Cloudのセキュリティ設定のチェックはどのような形で行われ、どのように確認できますか?

各種クラウドプラットフォームやコンプライアンス基準に基づいて定義されたポリシー(Prisma Cloudにて標準提供され、随時追加・更新されます)によるセキュリティチェックを自動で行います。ポリシーに違反している項目はアラート通知し、対策案の提示や項目により自動修復を行うこともできます。こちらの情報はWebブラウザー上で俯瞰的に確認できるだけでなく、CSVファイルやPDF形式のレポート出力が可能です。

ライセンス体系はどのようになっていますか?

Prisma Cloudは、監視対象とする各クラウドサービスのインスタンス数や仮想ホスト数などの合計数に基づく年間ライセンスとなります。詳細はお問い合わせください。

WildFireについて

WildFireの利点は何ですか?

サービスとして提供されるクラウドサンドボックス環境であり、PA-シリーズの利用者は、新規ハードウェアを用意することなく、最新のマルウェアの振る舞い検知ならびに防御手段としてのフィードバックを得ることができます。

どういった形でPA-シリーズの防御手段にフィードバックされますか?

アンチウイルス機能やアンチスパイウェア機能に対するシグネチャー、また、URLフィルタリング機能に対するカテゴライズ情報、DNS Securityや有害IPフィードに対するエントリーなど、PA-シリーズの多層防御を構成する複数の脅威防御機能にフィードバックされます。

WildFireに社内のファイルをアップロードしないことはできますか?

社内のファイルを一切WildFireに提供することなく、他のPA-シリーズ利用者から提供された最新マルウェアに対する防御手段のフィードバックを得ることができます。

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る