導入事例・評価事例

導入事例・評価事例

慶應義塾大学・豊橋技術科学大学 様

大量な実データに裏付された高度なアプリケーション可視化の技術と
学術研究のツールとしての可能性

評価情報評価情報

PA-4050
  • 導入時期:2009年1月
    (機器の無償貸与による検証)
  • 導入台数:1台(PA-4050)モデルの詳細はこちら
  • 導入ライセンス:Threat Preventionライセンス
    URLフィルタリング ライセンス

導入背景: ~慶應義塾大学と豊橋技術科学大学の共同研究プロジェクト~

慶應義塾大学の河野健二先生の研究室と豊橋技術科学大学の廣津登志夫先生の研究室は、これまでも大学の枠を超えてセキュリティ分野での取り組みを行っていました。

今回、この2つの研究室で下記の役割分担でのPAシリーズを利用した共同研究を実施しました。

共同研究プロジェクト 豊橋技術科学大学 廣津登志夫准教授 研究室 ・実験環境の提供/実トラフィックの収集 慶應義塾大学 河野健二准教授 研究室 ・PAシリーズの技術検証の実施
  • 豊橋技術科学大学の研究室では、大量の実トラフィック(673Gbps/4日間)を収集することで精度の高い実験環境のベースを提供
  • 慶應義塾大学の研究室では、その実トラフィックを使って実際にPAシリーズの技術検証を実施

概要: 大量のアプリケーションの識別と脅威の検知を検証

豊橋技術科学大学の学内のネットワークの最上段に設置したストレージに蓄積された大量の 実トラフィックデータを使って検証しました。 そのデータ量は4日間で673Gbpsに達しました。 実験の目的は、PAシリーズを使ってどの程度アプリケーションを識別できるか、 どの程度脅威を検知できるのかの検証をすることでした。 今回、大量の実トラフィックによる検証により識別や検知の様々な見え方のパターンを出すことができ、 精度の高い実証実験をすることができました。

導入所感: 多種多様なアプリケーションが識別でき、技術力の高さを実感

実際に導入を行った研究者の方々に、次のようなコメントを頂きました。

「PAシリーズを導入することで、多種多様なアプリケーションを識別することができ非常に驚きました。例えば、P2PソフトであるBit Torrent(ビットトレント)や 、動画配信サービスのニコニコ動画など、その他にも多くのアプリケーションが識別出来ました。」 アプリケーションの可視化の技術については、「偽装してポートを通るアプリケーションも識別できているため、技術力の高さを感じました。データのどの部分を見て識別しているのか、さらに詳しく分析してみたい。」と評価頂きました。

将来の展望: PAシリーズの学術研究のツールとしての可能性

セキュリティの学会では2000年以前から論文発表により、ポート番号だけの制御では様々な脅威に対応できないことが既に分かっていました。」慶應義塾大学河野健二准教授は語ります。 「学会とは違って、企業ではポート番号を制御することでセキュリティが保たれていると思いがちです。しかし、例えばWinnyのようなアプリケーション技術は常に進化するため、新しい脅威となるアプリケーションも次々に登場してきます。このPAシリーズの技術を使って、Winnyのような既知のものだけでなく、将来的に脅威と成り得る新しいアプリケーション技術にも対応すべきでしょう。」 河野准教授は、PAシリーズの高いアプリケーション可視化技術を様々なセキュリティ研究に応用できないかとPAシリーズの学術研究のツールとしての可能性を模索しています。

導入イメージ:

導入イメージ図

研究用に収集蓄積していたトラフィックデータで検証 (673Gbps/4日間)

導入研究室プロフィール:

慶應義塾
名称: 慶應義塾大学 理工学部 情報工学科 河野健二研究室
研究室URL: https://www.sslab.ics.keio.ac.jp/
所在地: 〒223-8522 神奈川県横浜市港北区日吉3-14-1
教授紹介: 河野 健二准教授(理学博士)
受賞歴:

平成12年 情報処理学会山下記念研究賞

平成12年 情報処理学会論文賞

平成21年 情報処理学会論文賞

研究内容:

(1) Virtualization Technology

(2) Secure Platform

(3) Autonomic Computing

(4) Overlay Network

国立大学法人 豊橋技術科学大学
名称: 豊橋技術科学大学 情報工学系 廣津登志夫研究室
研究室URL: https://www.tut.ac.jp/
所在地: 〒441-8580 愛知県豊橋市天伯町雲雀ヶ丘1-1
教授紹介: 廣津 登志夫准教授(工学博士)
研究内容:

(1) 仮想ネットワークに基づく計算環境の実現

(2) 仮想ネットワークの管理や制御の機構

(3) 観測に基づく柔軟なネットワーク制御機構

(4) ユビキタス計算や家電ネットワークのためのシステムソフトウェア

ページの先頭へ戻る

その他の導入事例

  • 日本国内の導入事例はこちら パロアルトネットワークス社 Japanサイト
  • 米国の導入事例はこちら パロアルトネットワークス社 USサイト

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

お問い合わせ

ウェブサイトからのお問い合わせ
資料請求・お問い合わせ
このページの先頭へ
このページの先頭へ