ページの本文へ

Hitachi

Palo Alto Networks Products

製品情報

ネットワークリスクの見逃しを防止します

リスクの見逃しを防ぎ、必要な対策をタイムリーな検討を支援します

PA-シリーズなら、誰が、いつ、どのアプリケーションを使ったかを一目で把握できます。

また、関連するログ情報をクリック操作でドリルダウンできるため、複数のログをまとめる必要はありません。

また、レポートをメールで管理者に送信することができ、管理画面にアクセスすることなくネットワークの状況を把握できます。

ネットワーク状況の把握

例えば・・・

  • 直近の1時間で利用が多かったアプリケーション
  • 直近の1時間でyahoo-mailを利用したユーザー一覧
  • 特定のユーザーが直近の1時間に利用したアプリケーション一覧
  • 特定の時間帯に実施された脅威のあるアクセス一覧

など、知りたい情報に応じてログをさまざまな表示形式に切り替えることが可能です。

また、統合管理製品(Panorama)の導入により、複数台のPA-シリーズのログを一括収集できます。

PA-シリーズのネットワークリスクの見逃し防止イメージ

PA-シリーズで可視化・制御可能なアプリケーション(2014年2月現在)

  • P2Pファイル共有アプリケーション 計54種類
    -Subcategory :file-sharing
    -Technology :peer-to-peer
    winny、bittorrent、winmx、yahoo-file-transfer など
  • インスタントメッセージング 計119種類
    -Subcategory :instant-messaging
    -Technology:browser-based/client-server/peer-to-peer
    Yahoo-im-base、yahoo-webmessenger、facebook など
  • Webメール 計54種類
    -Subcategory :email
    -Technology :browser-based
    Hotmail、linkedin-mail、gmail-base など

PA-シリーズで識別可能なアプリケーションは毎週更新されています。

お問い合わせ

WEBからのお問い合わせ

資料請求・お問い合わせ
ページの先頭へ戻る