ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立デジタルマーケティング 日立ソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

マーケティング担当者200人に聞いた
BtoC企業のMA/CCCM導入・運用状況調査レポート

MA/CCCMは専門体制で運用されているが、分析機能・セグメント管理が課題 

マーケティング担当者200人に聞いた
「BtoC企業のMA/CCCM導入・運用状況調査レポート」

マーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のMA/CCCM導入・運用状況調査レポート」

株式会社日立ソリューションズは、「BtoC企業のMA(マーケティングオートメーション)/CCCM(クロスチャネル・キャンペーン・マネジメント)導入・運用状況調査」を実施しました。
MA/CCCM導入済みBtoC企業に勤務しているマーケティング担当者を対象に、「MA/CCCMの機能別活用状況」「運用体制」「導入・運用での課題」「導入効果」などについてお聞きしました。

調査方法
クローズドアンケート調査(インターネット)
調査地域
全国
調査対象
MA/CCCM導入済みBtoC企業に勤務するマーケティング担当者
有効回答数
206人
調査時期
2020年8月5日~6日(2日間)
調査主体
株式会社マクロミル

【結果1】
メール機能は利用できているが、分析機能・セグメント管理は、十分に活用できていない

メール関連の機能は、8割以上のユーザが利用している。必要性はあるが利用できていない機能で上位は、カスタマージャーニー、パーソナライズ。分析機能、セグメント管理は、6割以上が十分に利用できていない。

ポポイントサービスに関して、現在悩んでいることは何ですか?当てはまるものをいくつでもお選びください(複数回答可)。

調査レポート完全版 ダウンロードはこちら

【結果2】
MA/CCCMは専門体制で運用されている

8割以上の企業が専門の運用体制を構築している。外部ベンダーの協力を得て運用体制を構築している企業と、自社で構築している割合は約半々。

ポイントサービスで得たデータをもとに、分析は行われていますか?また、その活用状況の満足具合を教えてください。

調査レポート完全版 ダウンロードはこちら

[完全版PDFダウンロード]

マーケティング担当者200人に聞いたBtoC企業のMA/CCCM導入・運用状況調査レポート

消費者の趣味嗜好は多様化し、商品そのもの価値だけでなく商品購入に関する体験価値も重要視されている。マーケティングも画一的なアプローチからOne to Oneへシフトが必要になり、それを実現するBtoC向けMA/CCCMは企業にとって欠かせないツールになっている。消費者をビジネス対象としたBtoC企業のMA/CCCMの導入・運用状況を調査し、そのポイントを整理した。

  • ・MA/CCCMの機能の活用状況
  • ・MA/CCCMは、どのような体制で運用していますか?
  • ・MA/CCCMの導入・運用での課題に感じているものは?
  • ・MA/CCCMの導入で期待していたことは?
  • などの項目を掲載
ポイントサービス活用のメリット
ポイントサービスに関する悩み
参考資料【担当者の悩みを項目別に分けた結果】

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

日立ソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

お役立ち情報

デジタルマーケティングを実施するうえで役に立つ、コラムや基礎知識、トレンド解説などをご紹介。

おすすめのコンテンツ

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください
「費用はどれくらい?」「導入スケジュールは?」
「他社の事例を教えてほしい」「製品の仕様は?」など、お気軽にご相談ください。
資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングを様々な観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ