ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立デジタルマーケティング 日立ソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

グループ企業内相互送客や、テナント間の相互送客を促進するポイントサービスとは?

  顧客をお互いに誘導し合い、より大きな商圏を築き、顧客1人ひとりのLTV(顧客生涯価値)を上げていく方法をご存じでしょうか。

今回は、ポイントサービスを使用した相互送客を促進するための方法や具体例を紹介していきます。顧客獲得に悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

グループ企業内相互送客や、テナント間の相互送客を促進するポイントサービスとは?

目次

  1. 相互送客とは?
  2. 相互送客の具体例
  3. ポイントサービス(ポイント管理システム)で企業間の相互送客を加速させる
  4. 企業間のポイント共通化に不可欠な機能とは
  5. まとめ

資料ダウンロード

PointInfinity

デジタルマーケティングソリューション PointInfinity

「会員管理システム」、「ポイント管理システム」にデジタルマーケティング機能を統合。
魅力的な会員プログラム、ポイントプログラムの構築から、運営で収集した情報を活用したAIによるレコメンド、効果測定などマーケティングのプロセスをトータルに支援することで、エンゲージメント向上を実現します。

相互送客とは?

グループ企業内やテナント間において、お互いの顧客を自社に誘導することを「相互送客」と言います。相互送客によってお互いの利益の拡大だけではなく、 顧客ロイヤルティの向上も目指します。

市場が飽和し、新規顧客を獲得することが難しい現在、相互送客を促進することは企業のマーケティング戦略として 非常に重要な一手となっています。

 

相互送客の具体例

グループ企業内やテナント間などで顧客回遊をすることでそれぞれの利益を拡大することを目指す相互送客ですが、どのような企業が行っているのでしょうか。実際に相互送客を展開している企業の具体例を見てみましょう。

グループ内の2つの店舗ブランド間でのポイント相互連携による来店促進

大手紳士服チェーンを展開するA社は、コンセプトの異なる2つの店舗ブランドを展開していますが、両店舗それぞれのポイントサービスを連携し、どちらの店舗で貯めたポイントでも合算して保有し、いずれのブランドの店舗でも使用可能にすることで、グループ店舗間での相互送客を実現しています。

また、2つのブランドだけでなく、カフェ事業やエンターテイメント事業など同社が展開するすべての事業で共通の会員ランク制度を導入しています。利用金額の累計に応じてよりお得なサービスが受けられる制度で、事業間の相互送客も促進しています。

ポイントサービス(ポイント管理システム)で企業間の相互送客を加速させる

企業間の相互送客を加速させるための方法として、ポイントサービスを導入するということが挙げられます。複数の企業でポイントを共有化することで顧客の回遊性向上が期待できます。

そのような相互送客を促進するためのポイント管理システムでは相互送客という観点でどのような機能や特徴を持つのか具体的を一つ取り上げてみましょう。

ポイントの使用履歴を通じた購買行動分析によって、回遊性の高いユーザにキャンペーンを展開できる

ポイント管理システムでは会員情報を一元管理することにより、企業内(グループ企業内)でのポイント連携も容易になっています。また会員データだけでなくポイント使用や購買履歴の統合管理をすることによって、相互送客を促進するための効果的なマーケティングを行うことができます。

具体的には、会員の購買履歴データを分析することで、Aという企業で特定の商品を購入したユーザは、Bというグループ企業内のサービスに親和性があるということが分かるようになるのです。これにより、メールやSNSなどにおいてその顧客に合ったレコメンド情報を配信したり、クーポンを配布したりすることができます。

企業間のポイント共通化に不可欠な機能とは

相互送客を活発化させるグループ企業間でのポイント共通化ですが、実現にはポイントの相互利用以外にも重要な機能があります。それがポイント精算です。

ポイントを導入しているグループ企業間でのポイント精算・管理

グループ内企業Aで購入して貯めたポイントを同一グループの別事業の企業Bの店舗での購入・支払時に使用できる…というポイントシステムの仕組みが相互送客を促進させます。

このように、企業間でポイントをやり取りする場合に課題となるのがポイント原資の負担です。一般的にポイントを共有する場合には、ポイントを発行した企業がポイント原資を負担します。そのため、ポイントを発行した企業からポイントが利用された企業へのポイント原資の支払いが発生します。

これを実現するために、企業間でポイントサービスを共有する場合には、ポイントの原資の精算のために「どの企業(店舗)」で「いくら」ポイントの付与、利用がされたかを記録、集計できることが求められます。

これ以外にも、ポイントサービスの運用には様々な事務手続きが発生します。これらの事務を効率的に行えることもポイント管理システムの重要な役割です。

  
OMOは実際にどのように使われているのか

まとめ

  グループ企業やテナント間での相互送客促進において、顧客行動を分析するために会員情報を適切に管理することは非常に重要なことだと言えます。またポイント利用を通じた相互送客が実現した際の精算管理などシステム運用が重要であることも分かりました。

ポイントプログラムの導入によって、相互送客を通じた新規顧客の開拓や、既存顧客へのサービスの向上を実現したい場合は、ポイント管理システムの導入を検討してみてください。

関連ソリューション

カテゴリ
製品名
概要
CRM
ポイント管理
店舗やECサイトなどの顧客情報を一元管理し、多様なチャネルのポイントを共通化することで相互送客を実現するソリューション。
CRM
会員管理
集客や会員へのサービス向上を必要とするお客様向けのトータルCRMソリューション。メール配信や広告配信、アンケートなど会員とのタッチポイント機能も提供。

ホワイトペーパー ダウンロード

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

関連コラム

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

日立ソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングに関するトレンド、ノウハウなどを研究成果としてお届けします。

お役立ち資料DL

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

閲覧が多い記事

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください
「費用はどれくらい?」「導入スケジュールは?」
「他社の事例を教えてほしい」「製品の仕様は?」など、お気軽にご相談ください。
資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングをさまざまな観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ