ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立デジタルマーケティング 日立ソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

電子マネーとポイントサービスを連携する!企業と利用者の利点とは?

  今や決済手段として当たり前のように使われるようになった電子マネーですが、その背景には「売り上げアップにつながる」「マーケティングに活用できる」「リピート率を高められる」といった理由が挙げられるでしょう。

また利用者にとっても「現金を持ち運ぶ必要がない」といった理由が、電子マネーを使う主な理由となっているようです。 それと同時に重要なのが「ポイント」です。

ポイントと電子マネーを連携することで、より利便性を向上させてファンの獲得へとつなげられます。 その点を踏まえつつ、この記事では電子マネーとポイントサービスを連携するメリットについてご紹介します。

電子マネーとポイントサービスを連携する!企業と利用者の利点とは?

目次

  1. ポイント管理システムのメリットと電子マネーを連携させる必要性
  2. ポイント管理システムと電子マネーを連携する企業側のメリット
  3. 利用者側のメリット
  4. まとめ

資料ダウンロード

PointInfinity

デジタルマーケティングソリューション PointInfinity

「会員管理システム」、「ポイント管理システム」にデジタルマーケティング機能を統合。
魅力的な会員プログラム、ポイントプログラムの構築から、運営で収集した情報を活用したAIによるレコメンド、効果測定などマーケティングのプロセスをトータルに支援することで、エンゲージメント向上を実現します。

 

ポイント管理システムのメリットと電子マネーを連携させる必要性

なぜポイント管理システムと電子マネーを連携するのか?

電子マネーと連携したポイントがあれば、ユーザーは電子マネーでの支払い時に別途ポイントカードを提示する必要がなくなり、決済と同時に自動的にポイントがたまることになるため、非常に利便性が高まります。

また、企業側もポイントプログラムと連携することで、柔軟な販促施策を打つことができたり、購買情報以外に様々な情報の取得に活用できるなど、幅広くマーケティングに活用できます。

ポイント管理システムと電子マネーを連携する企業側のメリット

ここからは企業側と利用者側に分けて、ポイント管理システムと電子マネーを連携するメリットを具体的に見ていきましょう。

まずは企業側の視点で、電子マネーのメリットと、ポイントと連携することのメリットという2つを確認してみます。

電子マネー導入のメリット

企業独自の電子マネーを導入することで、チャージした金額は必ずその企業の消費につながります。つまり電子マネーを上手に活用することで、顧客の囲い込みとして強力な効果を得られます。

もちろん、顧客が企業独自の電子マネーを使う(チャージする)ための動機づけとして、顧客側のメリットが必要となるため、次に述べるようなポイントとの連携も重要になってきます。

電子マネーとポイントと連携するメリット

電子マネーとポイントを連携することで、「電子マネーで決済をしたときにより多くのポイントを付与する」といったキャンペーンを行うことも可能です。

こういったお得に商品の購入やサービスを利用できるような特典を付けることで、電子マネーとポイントが利用促進され、顧客の囲い込みに繋がります。

利用者側のメリット

次に利用者側のメリットを見ていきましょう。

利便性の向上

電子マネーと並行してポイントが使えるという点も便利と言えますが、電子マネーとポイント連携している場合、物理カードの場合は1枚に集約されているため、利用者側は支払い時に別途ポイントカードを提示する必要がなく、利便性が高いというメリットがあります。

また貯まったポイントが自動的に電子マネーとして変換されて支払いに利用できるという例もあります。このような連携が実現している場合は、利用者は電子マネーとポイントを意識して使い分ける必要もなく、より一層利便性が高まります。

お得に使える

会員ランク制度によってお得に使える仕組みづくりをした例があります。

利用者は、ポイントと連携された電子マネーの利用金額に応じて会員ランクが上がり、ランクが上がるほどにポイント付与率が上がったり、ボーナスポイントがもらえたり、様々な特典が得られるのです。利用者のみならず導入企業にとってもメリットの大きい仕組みでしょう。

  
利用者側のメリット

まとめ

  今回はポイント管理システムと電子マネーを連携するメリットについてご紹介しました。

利用者にとっては利便性の向上とお得さという点でメリットがあり、近年では電子マネーを利用するユーザーは増加の一途をたどっています。

せっかく便利な電子マネーでの決済にも関わらず、ポイント利用のために、別のカードやアプリの提示を利用者側に求めるのは、今後ますます難しくなってくるでしょう。

ポイントプログラムの活用によって顧客ロイヤルティの向上や販促効果向上を狙いたい企業は、もはや電子マネーとポイント連携は必須ともいえます。 そのため、電子マネーの導入を考えている企業は、ポイントサービスとの連携を検討することをおすすめします。

関連ソリューション

カテゴリ
製品名
概要
CRM
ポイント管理
店舗やECサイトなどの顧客情報を一元管理し、多様なチャネルのポイントを共通化することで相互送客を実現するソリューション。
電子決済
共通のインターフェースで複数の決済手段・ポイントプログラムへの接続を可能にし、マルチ決済・マルチポイントを実現するプラットフォーム。

ホワイトペーパー ダウンロード

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

関連コラム

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

日立ソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングに関するトレンド、ノウハウなどを研究成果としてお届けします。

お役立ち資料DL

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

デジタルマーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

閲覧が多い記事

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください
「費用はどれくらい?」「導入スケジュールは?」
「他社の事例を教えてほしい」「製品の仕様は?」など、お気軽にご相談ください。
資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングを様々な観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ