ページの本文へ

Hitachi

株式会社日立デジタルマーケティング 日立ソリューションズ
デジタルマーケティングソリューション

デジタルマーケティングソリューション

顧客との関係性を向上させるCRMツールの選定ポイント

>顧客との関係性を向上させるCRMツールの選定ポイント

前回までのコラムで、顧客を中心にしたマーケティング手法が、今の時代に大きな効果を発揮できることがご理解いただけたのではないでしょうか。そして、顧客の情報を一元管理するCRMツールの利用についても注目されるようになりました。

今回は、顧客の情報を一元管理する「CRM」と、「CRMツールの選定ポイント」についてご紹介します。

目次

  1. CRMとは?
  2. CRMツールの選定ポイント
  3. CRM製品の紹介
  4. まとめ

資料ダウンロード

Fan-Life Platform

Fan-Life Platform

オムニチャネル対応、O2O(Online to Offline)マーケティングに必要な機能をクラウドでトータルに提供。カスタマープロファイリングで「見込み客」を「ファン」に育成。

CRMとは?

そもそも、CRMとは何なのでしょうか?最近、CRMを耳にすることが増えたという方は多いかもしれません。「CRM(Customer Relationship Management:顧客関係管理)」は顧客と企業の商品やサービスにおける関係性に着目し、それを管理すること、また企業戦略やITを利用したシステムを指します。顧客関係管理に特化したITシステムをCRMとする場合もありますが、これはこのCRMという概念において、IT技術が切っても切れない重要な役割を果たすことを意味しているとも言えるでしょう。

従来のように、企業が優れた商品やサービスを提供すればそのまま集客と売り上げに繋がるというマーケティングは、近年において通用しなくなっています。今や優れた商品とサービスは基本条件となり、大切なのは、いかにしてその情報を届け、顧客に認知していただくのか。さらに、顧客から新たな顧客への情報拡散に繋げていくことも、新しい課題となるでしょう。そこでこれら課題を解決するための、顧客を主体とした新しい消費行動、マーケティングを管理するシステムがCRMです。

CRMツールの選定ポイント

顧客との関係性を向上させるCRMツールの選定ポイント

CRMが今の時代、企業戦略として重要になってくることはお分かりいただけたでしょう。 ではCRMを導入する場合、どのようなポイントでシステムを選定すれば良いかご説明していきます。

まず大切なのが導入の目的を明確にすること。CRMと言っても営業支援やコールセンター、サポートサービスでの利用など、企業としてどこに重点を置くのかにより、導入に適したCRMツールは変わってきます。

顧客との関係性を向上させるという側面から考えると、顧客との接点(チャネル)やサービスによるコミュニケーションは増やすべきと言えます。顧客の消費行動の変化や顧客の言動自体が、宣伝としてより信用と効果を発揮するようになりました。会員管理機能に特化し、消費行動に繋がる顧客の行動分析とマーケティングを得意とするソリューションを導入することで、CRMとしての効果が期待できるでしょう。

長期的に使用するシステムにおいては、導入や保守に関わる予算も検討が必要になってきます。システムの構築方法としても、企業内にパッケージソフトを導入するオンプレミス型システム、もしくはクラウドを利用したサービスなど、それぞれの特長も考慮すべきです。 なお、せっかくCRMシステムを導入しても、企業内にいるほぼすべての社員が利用しなければ意味を持たなくなります。また、システムトラブルなども起こり得るものですから、システムのサポート体制も選定のポイントとなってくるでしょう。

CRM製品の紹介

それでは、具体的にはどのような機能を持つCRMシステムがあるのでしょうか。3点ほどに絞って見ていきましょう。

はじめに、営業支援を中心にしたCRMシステムです。顧客への提案を個々の営業のみで行うのではなく、企業として組織の力を最大限発揮して受注率のアップを図るといった特長を持ちます。 そこで用いられるのは、顧客情報の一元化とPC、スマートフォン、タブレット端末などそれぞれのデバイスに最適化されコラボレーションを実現させた技術。特に営業支援に特化しており、見込み客の開拓やプロセス管理などを得意としています。顧客情報や案件情報などデータに基づいた分析により、即時の決断や実行をサポートしてくれるでしょう。

次に、フィールドサービスCRMシステムです。 これは、主に保守サービスにおける顧客満足向上のため、受付からサービスの提供までを一貫して管理しサービス品質を向上させるもの。ポイントとしては、お客さまの情報をシームレスにサービススタッフに提供することを目的としている点です。サービス提供の際の顧客とのやり取りを円滑にし、顧客とスタッフ双方の負担を軽減させ、サービスの業務効率向上にも寄与しています。

最後に、コンシューマー向けビジネスで使われる会員管理を主としたCRMシステムです。 これは、会員サービスを提供する企業に向けたもの。お客さまが利用するマイページ、ポイント、キャンペーンなど、会員サービスを運営する基盤としての機能を提供しています。また、単に会員サービスを提供するだけではなく、サービスの提供を通して収集したお客さまの情報をマーケティングに活用したOne to Oneマーケティングや、会員ランクやステージなどを活用したロイヤルティマネジメントの実現が可能です。

まとめ

ここまで、CRMに関する説明と導入におけるポイント、さらにどういったCRMシステムがあるのかを見てきました。CRMツールにはそれぞれ特長があり、企業ごとの導入目的によって選ぶべきシステムは大きく変わってくるのがお分かりいただけたでしょう。 しかしそのすべてに共通しているのは、顧客情報を一元的に管理し、企業活動をより活性化させていくという点。各企業の課題解決に大きな影響を与えてくれるであろうCRMシステムを有効活用することで、この時代のお客さまの新たな消費行動とも上手く向き合っていくことができるのではないでしょうか。

CRM関連ソリューション

カテゴリ
製品名
概要
CRM
会員管理
集客や会員へのサービス向上を必要とするお客様向けのトータルCRMソリューション。メール配信や広告配信、アンケートなど会員とのタッチポイント機能も提供。
CRM
ポイント管理
店舗やECサイトなどの顧客情報を一元管理し、多様なチャネルのポイントを共通化することで相互送客を実現するソリューション。
CRM
問合せ管理
マーケティング、営業、カスタマー サービス(コール センター)で使える豊富な機能を標準で装備した、全社で使える統合型CRMソリューション。
CRM
Salesforceは、世界最大級のクラウド型CRM(顧客管理)ソフトウェア。営業支援やカスタマーサービスは、Webブラウザやモバイルアプリを介して、顧客の獲得・維持と顧客満足度の向上を強力にサポート。 

ホワイトペーパー ダウンロード

マーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業のポイントサービス活用実態調査レポート」

マーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業の会員サービス実態調査レポート」

関連コラム

おすすめコンテンツ

デジタルマーケティングとは

日立ソリューションズが考えるデジタルマーケティングについてご紹介します。

デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングに関するトレンド、ノウハウなどを研究成果としてお届けします。

お役立ち資料DL

マーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業の会員サービス実態調査レポート」

マーケティング担当者200人に聞いた「BtoC企業の会員サービス実態調査レポート」

閲覧が多い記事

Tagで絞り込む

お気軽にご相談ください。 お気軽にご相談ください。
お気軽にご相談ください
「費用はどれくらい?」「導入スケジュールは?」
「他社の事例を教えてほしい」「製品の仕様は?」など、お気軽にご相談ください。
資料ダウンロード 資料ダウンロード

マーケティングに役立つ資料、事例、カタログがダウンロードできます。

資料ダウンロード
デジタルマーケティング研究室 デジタルマーケティング研究室

デジタルマーケティングをさまざまな観点から紐解きます。

デジタルマーケティング研究室
ページTOPへ
メニュー
ページの先頭へ