ファイルサーバーの容量不足を解決し、ファイルサーバーのスリム化、管理を支援。活文 File Server Optimizer

/動作環境

トップにもどる

活文 File Server Optimizer
動作環境

システム構成

既存の環境に変更を加えることなく導入が可能です。

次のA~Cまでのケースで、5年間の費用を比較!

動作環境

活文 File Server Optimizerを利用する際は、各々のユーザーがクライアントよりサーバーにアクセスします。
そして不要ファイルの削除確認やファイルの検索を行います。

サーバー

OS  ・Windows Server 2016
 ・Windows Server 2019
ソフトウェア  ・活文 File Server Optimizerパッケージ
 ・Java SE Development Kit 11 (Oracle JDK 11)
推奨スペック  ・CPU:4コア以上(8コア以上推奨)
 ・メモリー:8GB以上(16GB以上推奨)
 ・HDD:40GB以上
 (運用に必要な空き容量は、対象となるファイル数によって増加します。
  詳細はお問い合わせください。)
対象ファイルサーバーの前提条件  ・Active Directoryを利用したユーザー管理を行っている
 ・CIFSプロトコルでファイル共有している
 ・NTFSフォーマットされている
 (NASをご利用の場合、認証方式によっては使用できない場合があります。
  事前の検証が必要となります。お問い合わせください。)

クライアント

OS/ソフトウェア  ・Windows 10
 ・Microsoft Edge / Google Chrome

導入ご予算

管理したいファイルサーバーの規模、ボリューム、導入目的によって、費用(適用するライセンス)が異なってまいります。
まずは、日立ソリューションズの専任担当者までお問い合わせいただくことをお勧めいたします。

◇導入事例
120万円(税抜)~

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ

資料ダウンロード 資料ダウンロード


お問い合わせ