動作環境|活文 メールゲートウェイ|活文|日立ソリューションズ

メール送受信における情報漏洩リスクを軽減する「活文 メールゲートウェイ」

 

トップにもどる

活文 メールゲートウェイ
動作環境

誤送信防止

システム構成例

標準構成

標準構成の図

大規模構成:1万ユーザ以上

大規模構成:1万ユーザ以上の図

※ HAクラスタ化には、別ソフトウェアが必要です。詳細は弊社営業窓口にお問い合わせください。

動作環境

標準・大規模構成

誤送信防止サーバ
OS RHEL/CentOS:7(64bit)
機種 上記に示すOS が動作するAT 互換機またはVMware 仮想環境であること。
CPU デュアルコア インテル® Xeon®プロセッサ 2.6GHz×1 以上
メモリ 8GB 以上
HDD 100GB 以上
以下の条件を満たしていること。
/opt を含むパーティションが5GB 以上の空き容量を持つこと。
/var を含むパーティションが5GB 以上の空き容量を持つこと。
(/var の使用量は 活文 メールゲートウェイ 利用ユーザ数などの運用状況に応じて増加します。)
Java OracleJDK11 または OpenJDK11
OpenJDK のLTS が受けられるRHEL の使用を推奨します。

宛先確認画面表示

前提条件 Microsoft .NET Framework 4.5 以降、および Visual Studio Tools for Office Runtime
危険度レベル1、2、3 の企業および個人ドメイン情報を記載するXMLファイルを、OutlookクライアントPCのHDDに格納します。
メールソフト Outlook 2013, 2016, 2019, Office365
日本語版では日本語表記、左記以外の言語版では英語表記とします。
メールサーバ <MAPI版>
Exchange 2013, 2016, 2019, ExchangeOnline
Exchange グローバルアドレス帳(GAL)、ローカル連絡先より宛先の属性情報を取得して表示します。
<IMAP/SMTP版>
任意のメールサーバで利用可能。ローカル連絡先より宛先の属性情報を表示します。
<LDAP版>
Exchangeを含む任意のメールサーバで利用可能。LDAPサーバ、ローカル連絡先より宛先の属性情報を取得して表示します。

メール無害化

システム構成例

標準構成

システム構成例の図

※ 詳細は弊社営業窓口にお問い合わせください。

動作環境

活文 メールゲートウェイ サーバ(メール無害化)
OS RHEL/CentOS:7(64bit)
CPU インテル® Xeon®プロセッサ 2.6GHz 2core 以上
メモリ 8GB 以上
HDD 100GB 以上
Java OracleJDK11 または OpenJDK11
OpenJDK のLTS が受けられるRHEL の使用を推奨します。
活文 メールゲートウェイ サーバ(画像変換)*
OS RHEL/CentOS:7(64bit)
CPU インテル® Xeon®プロセッサ 2.6GHz 4core 以上
メモリ 32GB 以上(CPU コア数4×8GB を推奨)
HDD 100GB 以上
Java OracleJDK11 または OpenJDK11
OpenJDK のLTS が受けられるRHEL の使用を推奨します。

* 画像変換機能をご利用になる場合は、活文サーバ(メール無害化)と活文サーバ(画像変換)の2台構成が前提となります。

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ

資料ダウンロード 資料ダウンロード


お問い合わせ