動作環境|文書管理システム [活文 Contents Lifecycle Manager]|活文|日立ソリューションズ

契約書管理やマニュアル管理、ペーパーレス化や情報共有といった文書管理に関するさまざまな課題を解決。文書管理システム [活文 Contents Lifecycle Manager]

/動作環境

トップにもどる

活文 Contents Lifecycle Manager
動作環境
動作環境 活文 Contents Lifecycle Manager

  • サーバ環境
  • サポートファイル形式
  • クライアント環境

サーバ環境

以下の動作環境は、活文 Contents Lifecycle Manager バージョン 12-01 以降の内容となります。

OS Microsoft Windows Server 2012 R2 (*1)
Microsoft Windows Server 2016
Microsoft Windows Server 2019
データベース 以下のいずれかの データベース
・Oracle Database 11g Release 2
・Oracle Database 12c Release 1
・Oracle Database 12c Release 2
・Oracle Database 19c
・Microsoft SQL Server 2014 (SP3)
・Microsoft SQL Server 2016 (SP2)
・Microsoft SQL Server 2017
・Microsoft SQL Server 2019
・HiRDB Version 9
・独自データベース(製品に同梱)
Webサーバ Microsoft Internet Information Services 8.5
Microsoft Internet Information Services 10.0
その他のソフトウェア Microsoft Office 2010 (SP2以降) (32-bit x86) (*2)
Microsoft Office 2013 (SP1以降) (32-bit x86) (*2)
Microsoft Office 2016 (32-bit x86) (*2)
.NET Framework 4.x および.NET Framework 4.x 日本語 Language Pack
(x は、4.5 以降のポイントリリースの番号を示します)
Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ (*3)
Java Runtime Environment (64-Bit) (JRE 8 Update 51 以降)
SQL Serverを使用する場合は、次のいずれかが必要です。
・Microsoft JDBC Driver 6.0 for SQL Server
・Microsoft JDBC Driver 6.2 for SQL Server
・Microsoft JDBC Driver 7.4 for SQL Server
サーバ仮想化環境
以下のいずれかの サーバ仮想化環境
・VMware ESXi 5.0/5.1/5.5/6.0/6.5/6.7
・Windows Server 2012 R2 Hyper-V
・Windows Server 2016 Hyper-V
・Windows Server 2019 Hyper-V
(*1)
Server Coreは除きます。
(*2)
登録されたOffice文書をPDF(サムネイル)変換するために必要となります。
(*3)
製品に同梱しています。

以下の動作環境は、活文 Contents Lifecycle Manager バージョン 10-22 までの内容となります。

OS 以下のいずれかの OS
・Microsoft Windows Server 2008 (SP2)(32-bit x86) (*2)
・Microsoft Windows Server 2008 R2 (SP1)(64-bit x64) (*1)(*2)
・Microsoft Windows Server 2012 (*1)(*2)
・Microsoft Windows Server 2012 R2 (*1)(*2)
データベース 以下のいずれかの データベース
・Oracle Database 10g Release 2
・Oracle Database 11g Release 1
・Oracle Database 11g Release 2
・Oracle Database 12c Release 1
・Microsoft SQL Server 2008 R2 (SP2)
・Microsoft SQL Server 2012 (SP2)
・HiRDB Version 9
Webサーバ 以下のいずれかの Webサーバ
・Microsoft Internet Information Services 7.0
・Microsoft Internet Information Services 7.5
・Microsoft Internet Information Services 8.0
・Microsoft Internet Information Services 8.5
その他のソフトウェア Microsoft Office 2007 (SP3以降) (*3)
Microsoft Office 2010 (SP2以降) (32-bit x86) (*3)
Microsoft Office 2013 (SP1以降) (32-bit x86) (*3)
Microsoft Office 2016 (32-bit x86) (*3)
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 (*4)
Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1 日本語 Language Pack (*4)
Microsoft Visual C++ 再頒布可能パッケージ (*4)
サーバ仮想化環境
以下のいずれかの サーバ仮想化環境
・VMware ESXi 5.0/5.1/5.5/6.0
・Windows Server 2008 R2 Hyper-V
・Windows Server 2012 Hyper-V
・Windows Server 2012 R2 Hyper-V
(*1)
OSが64bitの場合でも、活文 Contents Lifecycle Managerは32bitアプリケーションとして動作します。
(*2)
Server Coreは除きます。
(*3)
登録されたOffice文書をPDF(サムネイル)変換するために必要となります。
(*4)
製品に同梱しています。

サポートファイル形式

一般文書のPDF変換 (*1)

ファイル形式 拡張子
Word 97/98/2000/XP/2003/2007/2010/2013/2016 .doc/.dot/.docx/.docm/.dotx/.dotm
Excel 97/98/2000/XP/2003/2007/2010/2013/2016 .xls/.xlt/.xlsx/.xlsm/.xlsb/.xltm/.xltx
PowerPoint 97/2000/XP/2003/2007/2010/2013/2016 .ppt/.pot/.pptx/.pptm/.potx/.potm/.ppsx/.ppsm
Text File
(変換後のフォントは「MS 明朝」となります)
.txt
HTML .html/.htm
Rich Text Format .rtf
SVG 1.1/Basic/Tiny .svg
Enhanced Meta File .emf
Windows Meta File .wmf
Windows Bitmap .bmp
Portable Network Graphics .png
Graphics Interchange Format .gif
JPEG File Interchange Format .jpg/.jpeg/.jpe
Joint Photographic Experts Group 2000 .jp2
Tagged Image File Format (TIFF) .tif/.tiff
(*1)
UOC変換機能を使用してPDF(サムネイル)変換をする場合、変換対象になるファイル形式は、UOC変換用に作成するユーザープログラムの仕様によって異なります。

イメージ文書 (*2)

ファイル形式 拡張子
Windows Bitmap .bmp
Portable Network Graphics .png
Graphics Interchange Format .gif
JPEG File Interchange Format .jpg/.jpeg/.jpe
Tagged Image File Format (TIFF) .tif/.tiff
(*2)
用紙サイズはA1サイズまで、色数はモノクロ/16色/256色/フルカラーのファイルが登録可能です。
ファイルはすべてTIFF形式に変換されて登録されます。
オリジナルのファイルは登録されませんので、オリジナル形式のファイルを登録する必要がある場合は、一般文書として登録してください。
活文 Contents Lifecycle Manager イメージクライアント、活文 Contents Lifecycle Manager ドキュメント一括登録ユーティリティが扱えるTWAIN規格は以下の通りです。
・32ビット版 TWAIN 1.7
・32ビット版 TWAIN 1.8

全文検索テキスト抽出 (*3)

ファイル形式 拡張子
Word 95/97/98/2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016 .doc/.dot/.docx/.docm/.dotx/.dotm
Excel 95/97/98/2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016 .xls/.xlsm/.xlsx/.xltm/.xltx
PowerPoint 95/97/98/2000/2002/2003/2007/2010/2013/2016 .ppt/.pptm/.pptx/.potx/.potm/.ppsx/.ppsm
Text File .txt
HTML .html/.htm
Rich Text format .rtf
PDF 1.2/1.3/1.4/1.5/1.6/1.7 .pdf
Tagged Image File Format (TIFF) (*4) .tif/.tiff
(*3)
UOC変換機能を使用してPDF(サムネイル)変換をする場合、変換対象になるファイル形式は、UOC変換用に作成するユーザープログラムの仕様によって異なります。
(*4)
イメージ文書(TIFF形式)も対象となります。オプション製品「活文 Contents Lifecycle Manager OCRオプション」が必要です。

クライアント環境

Web画面の場合

以下の動作環境は、活文 Contents Lifecycle Manager バージョン 12-01 以降の内容となります。

OS 以下のいずれかの OS
・Microsoft Windows 8.1 Update (*1)
・Microsoft Windows 10 (*1)
Webブラウザー Windows Internet Explorer 11 (*2)
Microsoft Edge (*3)
Google Chrome 59 以降 (*3)
Adobe Reader Adobe Acrobat Reader DC
(*1)
Modern UIは未サポートです。
(*2)
64bitのOSをご使用の場合は、Webブラウザには32bit版を選択してください。
(*3)
ActiveX コントロールは利用できません。

以下の動作環境は、活文 Contents Lifecycle Manager バージョン 10-22 までの内容となります。

OS 以下のいずれかの OS
・Microsoft Windows Vista (SP2)(32-bit x86) (*1)
・Microsoft Windows 7 (SP1) (*2)
・Microsoft Windows 8.1 Update (*3)
・Microsoft Windows 10 (*3)
・Microsoft Windows Server 2008 (SP2)(32-bit x86) (*1)
・Microsoft Windows Server 2008 R2 (SP1)(64-bit x64)
・Microsoft Windows Server 2012 (*1)(*3)
・Microsoft Windows Server 2012 R2 (*3)
Webブラウザー 以下のいずれかの Webブラウザー (*4)
・Windows Internet Explorer 9 (*1)
・Windows Internet Explorer 10 (*1)
・Windows Internet Explorer 11
Adobe Flash Player ・Adobe Flash Player 9以降
Adobe Reader 以下のいずれかの Adobe Reader (*5)
・Adobe Reader 7.0
・Adobe Reader 8.0
・Adobe Reader 9.0
・Adobe Reader X
・Adobe Reader XI
・Adobe Acrobat Reader DC
・Adobe Acrobat 9.0
・Adobe Acrobat X
(*1)
活文 Contents Lifecycle Manager Document Viewer Optionは未サポートです。
(*2)
Windows XP Modeは除きます。
(*3)
Modern UIは未サポートです。
(*4)
64bitのOSをご使用の場合は、Webブラウザには32bit版を選択してください。
(*5)
64bitのOSをご使用の場合は、Web画面からPDFを表示させるときに使用できるのは、Adobe Reader XおよびAdobe Reader XIおよびAdobe Acrobat Reader DCとなります。

iPadの場合

OS ・iOS 10.0.x~
・iOS 11.0.x~
・iOS 12.0.x~
・iPadOS 13.0.x~
・iPadOS 14.0.x~

お問い合わせ・資料請求

ご購入前の商品に関する
質問・ご相談など

ウェブサイトからのお問い合わせ ウェブサイトからのお問い合わせ

資料ダウンロード 資料ダウンロード


お問い合わせ